野良猫駆除につながる縄張りの撤去

subpage1

野良猫のふんや爪の被害などは、場合によっては深刻な問題ですが、十分な配慮が必要です。野良猫駆除を考える前に、野良猫になったいきさつを考えてみる必要があります。



人間のわがままな興味と無関心が猫の生涯に影響を与えることは避けなければいけない緊急の課題ですが、一度野良猫になると人になつくことはありません。

猫の習性から一度敵対してしまうと、終始相容れることはなくなるからです。
一度飼い主になったら無責任な行動は慎むべきです。

野良猫駆除は人が住む敷地の中では慎重に進めることが大切です。


野良猫は飼い猫と違って凶暴なことが多く、相手が人間の大人でも歯向かってきます。

油断するとケガをすることもあるので、細心の注意が必要です。


野良猫は一度マーキングをするとそこを縄張りと決めて堂々と暮らし始めます。


その場所に入るものは人間でさえ追い払おうとします。
猫にとって住み心地の良い環境を壊すために、庭のレイアウトを変えたり、可能であれば石を敷き詰めると効果的です。
野良猫の縄張りの基準は砂に近い柔らかい土です。



気持ちの良い排泄ができる場所がネコの縄張りの条件のひとつでもあります。


その条件をひとつひとつ壊していくことが野良猫駆除につながっていきます。



駆除はできるだけ野良猫にその場所が住みにくい場所であることを教えるためだけに行い、肉体を傷つけるような暴力的な方法は用いるべきではありません。


捨てられた猫の中には、好きで野良猫になった猫は一匹もいないはずです。

害獣駆除の納得の知識

subpage2

野良猫は日本全国どこにでも存在してします。上手に共存できれば良いのですがなかなかその様な事は難しく、糞や尿の被害にあったり鳴き声を騒音の様に不快に感じる方も多いです。...

more

これからの害獣駆除!

subpage3

猫は好きな人にとっては見ているだけで癒されるとても貴重な存在です。ペットとして飼われているとお行儀も良く、人に迷惑をかけずに共に過ごせます。...

more

害獣駆除の重要知識

subpage4

ペットとして人気の高い猫ですが、やむを得ない理由で捨てられて野良猫になったり元々野良猫であったりする場合も含めて、猫も生きている限りは食べて生きていかなければなりません。そのためゴミ捨て場でゴミを漁ったり外で飼っているペットの餌を食べたり、庭先に都合の良いトイレ代わりになる柔らかい地面があったり昼間昼寝をするのにいい場所があったりすれば、猫自身の都合で人間の都合など構わずに人にとっては迷惑な行為をします。...

more

害獣駆除を詳しく知りたいなら

subpage5

野良猫が家の敷地内に侵入してきて、勝手に縄張り作りを始めてしまうとなかなか出ていかなくて困ってしまうことがあります。たまに敷地内を横切るぐらいなら我慢できるかもしれませんが、おしっこをされたりフンをされたりするとニオイの問題や片付けの手間が発生して我慢できないという人もいるでしょう。...

more