自然葬のメリットと樹木葬の種類

subpage01

日本では、感染症や衛生的問題から火葬後の遺骨を散布する散骨や樹木葬などの形で埋葬する自然葬が行われています。

日本の自然葬は、終末思想に基づく土葬や無常観思想に基づく火葬、ラーマーヤナなどの神話に基づく水葬など宗教の教義に基づく形では行われておらず、現代日本が喘ぎ続けている経済不況や少子高齢化による墓の後継者不足などによる次世代への負担を軽減する為に自然葬を選択する高齢者が増加しています。


樹木葬は、自然を保護しながら故人を弔う里山型樹木葬とシンボルツリーを中心に形成されている公園型樹木葬があります。



公園型樹木葬は、都市型樹木葬とも呼ばれシンボルツリーの下に個別区画が集合している墓地なので、一般的な墓地と使い勝手も取得費用、埋葬後の費用も大きく異なる事がありませんが、非常に高額な墓石の購入が無いので遺族にとって大きな負担軽減となります。



里山型樹木葬は、墓地の様に敷地内の道路や墓参りの為の利便施設などの整備は行われていない場合がありますが、故人が本当の意味で自然に還る事の出来る葬送方法です。
散骨は、火葬後の遺骨を最低でも2mm〜3mmまで粉骨する必要がありますが、非常に高価な墓石や埋葬用の用地の取得費用、管理費用などが一切必要なく、散骨場所までの移動に必要な飛行機や船舶のチャーター費用だけなので非常に安価に行う事が出来ます。

2ちゃんねるについての情報を提供しています。

その為、国内で散骨を行わず、憧れの地や海で散骨する人が増加しています。
散骨や樹木葬などの自然葬は、今後更に深刻化する墓問題に対しても非常に有効とされ、今後増加すると考えられています。