人気が高まっている自然葬

subpage01

自分が亡くなったら、どうしてほしいと思っていますか。


もう亡くなっているのだから、自然に還りたいと思う人も多いかもしれません。

最近は、お墓事情も厳しいと考えている人もいるようですし、自然葬を選ぶ人がかなり増えています。

埼玉の永代供養墓情報はすぐに役立ちます。

やはり、自然が大好きな人を中心に人気が高まっているようです。

海が好きな人は、海に散骨してほしいとお願いしていることもあります。


もちろん、海だけではありません。


樹木葬もとても人気があります。

今では、いろいろな自然葬がありますので、自分が亡くなったときのことを考えて、よく調べておいたほうが良いかもしれません。

どんな葬儀にしたいのかを考えて、周りの人に伝えておいたり、遺言を残しておけば、亡くなったときに自分の思い通りに埋葬してもらうことができるでしょう。海や山に無作為に散骨していいというわけではありません。

海が好きだったからと言って、残された人たちが自由に海で散骨できませんので、葬儀社の自然葬プランを利用してください。

決められた場所で散骨します。



もちろん、散骨が認められている場所ですから、安心して散骨してもらえます。

どこで散骨できるのかも含めて早めに決めておいたほうが良いかもしれません。

評判が高いminp!の情報をご案内しているサイトです。

今後は、より自然葬の人気が高まるでしょうから、散骨できる範囲が拡大するかもしれませんが、現段階で散骨できる場所の中から、自分が望んでいる場所を周りに伝えましょう。そして、素晴らしい自然葬にしてもらってください。

みんなの常識

subpage02

「自然葬」という埋葬方法をご存知でしょうか。最近注目を集めている新しい埋葬方法で、遺灰を墓ではなく、海や山などに散骨することで自然に還すという葬法です。...

NEXT

葬祭入門

subpage03

日本では、感染症や衛生的問題から火葬後の遺骨を散布する散骨や樹木葬などの形で埋葬する自然葬が行われています。日本の自然葬は、終末思想に基づく土葬や無常観思想に基づく火葬、ラーマーヤナなどの神話に基づく水葬など宗教の教義に基づく形では行われておらず、現代日本が喘ぎ続けている経済不況や少子高齢化による墓の後継者不足などによる次世代への負担を軽減する為に自然葬を選択する高齢者が増加しています。...

NEXT

1から学ぶ葬祭

subpage04

人々の価値観の多様化に伴い、従来型の永代供養墓以外にも樹木葬や海洋散骨(海洋葬)などの自然葬が人気を集めています。樹木葬や海洋散骨を行えば、遺骨は自然界に還ることになります。...

NEXT

葬祭の補足説明

subpage04

自然葬は従来まで日本で行われきた墓石を用いる葬送とは異なり遺骨を自然に還したり墓標となる人工物を使わないで海や山などの自然に還すという方法です。墓地や霊園を造成しないため環境にもやさしい葬送法です。...

NEXT