注目されている自然葬

subpage01

自然葬は従来まで日本で行われきた墓石を用いる葬送とは異なり遺骨を自然に還したり墓標となる人工物を使わないで海や山などの自然に還すという方法です。
墓地や霊園を造成しないため環境にもやさしい葬送法です。風葬、植樹葬、水葬、土葬などさまざまな方法があります。

マイナビニュースの知識を増やしてみませんか。

日本では最近自然葬が注目されています。



自然に還りたいという思いだけでなく少子化や核家族などの時代の背景にも関わります。

少子化がすすみ今までのような墓の管理が難しくなってきたという事も原因の一つと考えられます。
お金ばかりがかかり心がこもらない現代の葬送などへの批判もあり自然葬を好む方が多くなってきたようです。

墓参りや墓の管理も不要なのでシニア層には特に注目されている葬送法です。
お墓を管理する人がいなくてもよいという事がメリットです。


また自然葬の価格は従来の墓の価格の相場の1/5以下の価格ですむ事も注目度が高い所以です。



墓に入らない葬送法は世界の各地で行われています。古代の日本では遺体や遺灰は海や山に還すのが一般的でした。江戸時代中期以降になるとキリシタン取り締まりのために寺の制度がすすみ庶民も墓を持つようになりました。


明治時代になると政府の規制や寺の制度により死後は墓に入るという固定観念がありました。


戦後は長い間散骨は違法行為のため禁止されていました。現在では葬送の自由が認められています。


自然葬は故人の遺志と故人の遺志を尊重する遺族の意思によって行われるものです。