最近注目を集めている自然葬とは

subpage01

「自然葬」という埋葬方法をご存知でしょうか。
最近注目を集めている新しい埋葬方法で、遺灰を墓ではなく、海や山などに散骨することで自然に還すという葬法です。


風葬、鳥葬、水葬、火葬、土葬、樹木葬など、さまざまな自然葬があります。


墓地などの人工物ではなく、自然に還りたいという故人の思いを叶えるために、自然葬を選択することもできます。

47NEWSを詳しく調べるなら便利なサイトです。

また、跡継ぎがいないシニア層からも、お墓を建てても管理してくれる人がいないということから、この埋葬方法に関心が寄せられています。
特に最近人気が高いのが「樹木葬」で、墓石の変わりに樹木を墓標として埋葬する方法です。やり方は2つあり、埋葬のたびに苗木を一方植える方法、墓地の中央にある一本の樹木に多くの遺骨を埋葬する方法があります。

また、場所もさまざまで、地方のお寺が所有する山林を墓地として登録し、樹木葬を行う「里山型」と、都市近郊の墓地の一部または全部を樹木葬の区画として割り当てる「都市型」があります。

お手軽な千葉の墓じまいが気になる方はこちらへご来訪下さい。

一般の墓地に比べ低価格で、管理の必要がないというのが魅力です。

また、「海洋散骨」という埋葬方法も注目を集めています。
その名のとおり、遺骨を海に散骨するという方法ですが、金銭的負担が少なく、お墓を用意する必要がないというメリットがあります。

いくつかの条件を満たせば散骨することが可能で、大自然の一部として海に還ることができます。



このように自然葬にはさまざまな方法があります。

高齢化、少子化、核家族化の流れの中で、低価格で、管理の必要のない1代限りの埋葬方法が注目を集めています。

死後は自然に還りたいという考えをお持ちの方や、子どものいない方は自然葬を検討してみるとよいかもしれません。